動脈硬化

メタボとは

動脈硬化は、血液の流れを阻害・滞留させることで血栓の原因となる疾患です。しかし本当に恐ろしいのは動脈硬化ではなく、合併症として起こる病気なのです。
では、動脈硬化はどのような原因で発生し、どのような病気に関与するのでしょうか?


動脈硬化とは

動脈硬化は、その名の通り「動脈が硬くなる」血管の疾患です。
血液を心臓から全身に送り出す通り道である動脈は、常に伸縮を繰り返しています。
これは心臓のポンプ作用で送り出した血液の勢いを維持する為の働きで、全身にくまなく血液を送り出す手助けとなっています。
しかし、動脈硬化を起こした動脈は柔軟性を失い伸縮力が弱まってしまいます。
この結果動脈硬化を起こした部位には血液が滞留しやすくなり、血の塊である血栓や血管が膨らむ動脈瘤を発生しやすくなってしまうのです。


動脈硬化の合併症

動脈硬化は単体だけでは「血流を悪くする病気」であるといえます。本当に恐ろしいのは副産物である血栓や動脈瘤によって引き起こされる合併症なのです。


脳血管障害・虚血性心疾患

血の塊である血栓は、発生した部位にずっと留まるわけではなく血流で削られて身体の各部位に押し流されてしまう性質があります。
この時、脳血管に押し流されれば脳梗塞や脳卒中などの脳血管障害、心臓の血管に流されれば心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患と命に関わる病気を引き起こしてしまいます。


動脈瘤

高血圧や高脂血症などで起こるアテローム動脈硬化は血管を薄くしてしまうため、血液が溜まって膨らむ動脈瘤の原因となります。
動脈瘤は検査するまで発見できないことが多く、手遅れになってしまう場合が少なくありません。
動脈瘤が破裂すると、大量の出血を起こし意識喪失を起こし場合によっては命を落とすことになってしまうのです。


閉塞性動脈硬化症

動脈硬化が太腿にある大動脈で発生した場合、閉塞性動脈硬化症を引き起こす危険性が高まります。
閉塞性動脈硬化症は、下肢への血流が阻害されることで足の冷感や歩行障害を引き起こします。最悪の場合、下肢の切断に至る重篤な損傷を引きこしてしまうのです。


動脈硬化の対策・予防法

動脈硬化を予防するための対策としては、「生活内容の改善」と「摂生を心がけた食生活」に尽きると言えます。
動脈硬化は、多くの場合高血圧・高血糖・高脂血症などの発症原因となる疾患が強く関連しているものと言えます。
そのため、生活改善で原因疾患を防ぐことが何よりの予防策となるのです。


動脈硬化の治療

動脈硬化の治療は、合併している疾患や状況に応じて方法が変わってきます。
高血圧や高脂血症などから合併している場合、血圧降下薬や脂質降下薬を使い動脈硬化の原因を取り除いていきます。
粥腫で動脈が詰まっていた場合はバルーンを使った血管拡張や人工血管によるバイパス手術などを行なって血流を確保する必要があります。




NEXT PAGE

メタボの予防・解消法 メタボの予防・解消法