メタボの原因

メタボの原因

メタボの原因

メタボと関係がある肥満は、個人の体質の問題もありますが多くの場合は生活内容に左右されて起こるものと言えます。
つまり、メタボリックシンドロームは生活の中に原因が潜んでいると言えます。
どのような生活内容や習慣がメタボを引き起こす原因となっているのでしょうか?


食の問題

食の問題

食事は身体を養い、さまざまな行動のために必要なエネルギーを補充するという役目があります。
それ故に必要栄養素や摂取カロリーを考えたバランスの良い食事を取ることが求められています。
しかし、食べ物の好き嫌いや飽きの来ないメニュー構成の難しさなどから栄養バランスなどが崩れた偏食になってしまっている人も少なくありません。
メタボリックシンドロームを構成している肥満は摂取カロリーの過剰が大きな原因になる為、食事とメタボは相関関係があるものといえます。

食の問題ページへ


運動の問題

運動の問題

食事で摂取したカロリーは身体を動かすことで消費され、余剰分のカロリーは脂肪として蓄えられます。
脂肪を付けたくないのであればできるだけカロリー消費が大きい運動を行って帳尻を合わせていく必要があります。
しかし、運動不足で摂取カロリーの消費が少ないと肥満になりやすくなってしまいます。

運動の問題ページへ


嗜好品の問題

嗜好品の問題

嗜好品であるお酒やタバコの摂取は、成人であっても健康に害をもたらすことが良く知られています。
これらの嗜好品の摂取のしすぎは肺や肝臓に負担をかけ、本来の働きを損なう恐れがあります。
気分転換やストレス解消に適しているとはいっても、適正な量を見極める自制心がなければ高血圧・動脈硬化・肺がんなどを引き起こす恐れが高いのです。

嗜好品の問題ページへ




NEXT PAGE

身体への影響