通風

通風

生活習慣病の一つに数えられる痛風は、食生活の乱れや偏りを原因として発症します。
名前の通り「風が吹くように痛む」症状を持ち、日常生活を困難にしてしまう痛風はどのような特徴を持っているのでしょうか。


通風の原因

痛風の原因は、血液中の尿酸濃度が基準値を大きく上回ることであると言えます。
飽和した尿酸は結晶化が始まり、針状の結晶となって関節部に突き刺さるのです。
このため、手足の関節部を中心に強い炎症と痛みを発生させるのです。
尿酸濃度の上昇は、食事の偏りに大きな要因があります。
肉や魚などの動物性タンパク質の過剰摂取が尿酸の原料となるプリン体の増大を招き、痛風の原因である高尿酸血症を起こすのです。


通風の症状

痛風は「身体の中で風が吹くように痛い」「風が当たるだけでも痛い」という名前の由来の通り、強い痛みの発作と発熱を症状としています。
原因となる尿酸結晶は体温が低くなりやすい足元に出やすく、歩行や直立に強い影響を与えます。
また痛み自体が骨折に匹敵するほどと言われており、発作が出るだけで日常生活に困難を生じさせてしまいます。
痛風の症状が発展すると、手足の痛みだけに留まらなくなっていきます。
まず、手足・肘・膝や耳などに「痛風結節」と呼ばれるしこりのようなものが現れだします。
痛風結節は尿酸結晶の固まりで痛みは強くないものの、どんどん大きくなっていく性質があります。
痛風結節が育つと周辺の神経や血管などの組織が圧迫・破壊されてしまう恐れが出てくるのです。
また、尿酸結晶は関節部だけでなく血管内部にも付着して動脈硬化や腎不全などを合併症として引き起こすことさえあるのです。


通風の予防・治療法

痛風を予防、または治療するには食事の内容を見直すことが大事です。
肉や魚はタンパク質を手軽に取れる食品ですが、痛風や肥満の発病リスクを高めやすいのが難点です。
大豆などで摂取出来る植物性タンパク質は、動物性タンパク質に比べて痛風の発病リスクが小さいという利点があります。
動物性タンパク質以外では、アルコール類が発病リスクを高めることがわかっています。
プリン体の多いビールは控えるようにすることが大事です。
予防法としては、水分摂取を充分に行なうことが大事です。
尿酸は排尿によって体外に排出される性質があるので、排尿は痛風を予防するという意味では重要な役目を果たします。
お茶やコーヒーなどの排尿を促す利尿作用のある飲み物は痛風予防に効果があるので、痛風が心配な人は休み時間などを利用して飲む習慣を付けるようにすると良いでしょう。




NEXT PAGE

メタボの予防・解消法 メタボの予防・解消法